hooking

BS 活動報告 2016.11.21

昨日のワークショップでは、来年1月8日に行われるプレゼンにむけてのリハーサルをしました。昨年度同様、今年度も一年間継続してきたBody Synergyの活動のまとめとして、シェアリングの場を設けたいと思い、準備を進めています。

今回のテーマは、「個人として決断すること(individual decision making)」と、「集団とhookしながら動くこと」の両方を同時に起こすことができるかどうか。

Hookというキーワードは、夏のInternational Workshopで講師のThomas Goodwinさんが使っていた言葉。日本語だと引っかける、留める、つかまえるというような意味ですが、このhookという言葉を自分の身体に感覚としてどう落とし込むかが議論のポイントになりました。

Hookのインプロについて以下のような気づきがありました。(付け足したい方、是非コメント欄にお願いします!)

・個々の動きの軌跡やゴールを明確にすると次への方向性が見えてくる
・より自分に近い人とのhookをまず強く作ることが全体の強い繋がりを作る(ご近所への意識と集団全体への意識)
・止まる時は静止ではなくsuspensionである(振り子の頂点)
・これらをこなさないと、サラサラした味気ない、中身のないような関係性になってしまう
・個々の動きはspiralにすると全体に立体性が出るし、次の動きへのきっかけや方向性が見えてくる
・hookできた時の動きのクオリティはsticky
・hookできている、という実感がある時は、全体の調和が取れている
・自己のアジェンダ(自分の過程の始まりと終わり、方向性)と集団の動向の両方を意識できるとよい
・自分にとって、フックをかけている状態とは?(どんなフックのかけ方を目指したいか)
・動きやスペースを「聴く」
・グループ全体の動きのエネルギーの流れもはっきりさせる
・個人の意思 決断 と 集団の流れ のバランスを同時に感じる
・流れを作る 流れに乗る 流れに乗らないというチョイスをする
・自分の選択・意思で動く
・空間が必要としているものを探す。ただ空間を埋めるでない

参加者だけにしかわからない言葉の表現もあるかと思いますが、12月のワークショップの際に参考になれば、と思い書き留めておきます。

BS International Workshop Vol.1 2016.8.5

Thomas Goodwin先生からのメッセージ

Nihongoyaku wo yondekudasai.
A big thank you to the Body Synergy team Saya, Minami, and Takeshi for hosting me and organising the festival. And also thank you to all the participants of the first (of many I hope!) Body Synergy International Workshop Festival... you're curiosity and openness has made it a pleasure to share my material and ways of thinking!
So... I have some questions for you.... What is your weather like today? What did you harvest from your workshop experience? What was your favourite part? Do you have any new questions or lines of inquiry you want to continue to research after the workshop/s?

 

講師のトムさんからのメッセージです。
このフェスティバルを企画実行してくれた、Body Synergyチームのさやさん、みなみさん、武士さん、どうもありがとうございました。そしてさらに最初の(そしてこれからさらにたくさん続いてくれることを願う)Body Synergyインターナショナルワークショップ参加者の皆さん、どうもありがとうございました。皆さんの好奇心と開かれた姿勢によって、私の培ってきたマテリアルと考え方を共有することに喜びを感じました。
それでは、皆さんにいくつか質問があります。今日のあなたの天候はなんですか?このワークショップの経験からあなたは何を収穫しましたか?このワークショップのどの場面が好きでしたか?このワークショップの後に何か新しい質問やこれから探求し続けたい新たな課題はありますか?