bs international workshop

Body Synergy International Workshop Vol.3 予約開始!

今年で3回目となる、Body Synergy International Workshop!

今回は、イギリスはロンドンで活躍している、松本武士さんと小林あやさんをお招きしております。お二人とも、私たちのイギリス時代からの友人でロンドンで共にコンテンポラリーダンスを学びました。私たちが帰国したあともロンドンに残り、さらにムーヴメントの研究を深め、それぞれの興味・スタイルで今でも本場で活躍しております。松本さんは、Body Synergy/Body Synergy Kidsの立ち上げから密に関わっており、イギリスで学んだコンテンポラリーダンスやダンスセラピーのエッセンスをBSにシェアしてくれています。

日本ではなかなか味わえないスタイルのワークショップになること間違いなし!しかも、日本語で丁寧に進めてくれるので、質問もたくさん投げかけながら理解を深め充実した時間にしたいですね。

 

”Objects, Embodiment and Conversation 物体・体現・対話”

このワークショップでは日常的なアイテムやオブジェクト(物)を観察しながら、身体の構造や機能と照らし合わせてイメージを膨らませ、自分の動きの可能性を探っていきます。解剖学をクリエイティブに見直してみることで、日常生活からさらに発展した身体の感覚を呼び起こし、無理なく効率よく動く身体を習得していきます。また、他者と遊び心を持ちながら空間をシェアすること、対話をするように身体で聞いて身体で語ることなど、イギリスのコンテンポラリーダンスの現場で実践されている手法を紹介します。ダンサーだけではなく、他の分野のアーティスト、そして解剖学やムーヴメントに興味のある方など、どなたにでも受けていただけるワークショップになります。   

 DAY 1, 8/18, Sat. 

ワークショップ1日目は、オブジェクトから得た解剖学的情報を身体を通して探索する事に焦点をあてます。

DAY 2, 8/19,  Sun. 

2日目は更に深めるため、それを自分のダンスや日常生活の中でどう活きたものにしていくかを習得していく時間になります。1日目の気づきを2日目で深めることにより理解を多層化し、活用の幅を広げる事を目指します。

*単発でも受講可能ですが、2日間通しのご参加をおすすめします。

unnamed (2).jpg

講師プロフィール

松本武士 Takeshi Matsumoto   玉川大学で演劇・舞踊専攻後、渡英。Labanでコンテンポラリーダンスを学び、 Roehampton大学にてダンスセラピー修士号を取得。卒業後ヨーロッパ、イギリ ス、イスラエルなどでダンス作品の創作、公演で活躍するかたわら、ダンスセラ ピストとして臨床経験を積む。パフォーマーとしてHagit Yakira、Darren Johnston、岩淵多喜子、松本大樹などと活動する。Body Synergyに2014年より 参加し、その活動を高齢者のケアホームや障がい者施設、またタイにある少数民 族の子供の学校などでも行い、その幅広く柔軟性あるプログラムを提供している。 近年は、認知症と共に生きる人とのダンス作品作りや、0歳から2歳までの乳児を 対象としたダンスなど、世代や障がいを超えたダンスプロジェクトに関わってい る。

松本武士 Takeshi Matsumoto

玉川大学で演劇・舞踊専攻後、渡英。Labanでコンテンポラリーダンスを学び、 Roehampton大学にてダンスセラピー修士号を取得。卒業後ヨーロッパ、イギリ ス、イスラエルなどでダンス作品の創作、公演で活躍するかたわら、ダンスセラ ピストとして臨床経験を積む。パフォーマーとしてHagit Yakira、Darren Johnston、岩淵多喜子、松本大樹などと活動する。Body Synergyに2014年より 参加し、その活動を高齢者のケアホームや障がい者施設、またタイにある少数民 族の子供の学校などでも行い、その幅広く柔軟性あるプログラムを提供している。 近年は、認知症と共に生きる人とのダンス作品作りや、0歳から2歳までの乳児を 対象としたダンスなど、世代や障がいを超えたダンスプロジェクトに関わってい る。

小林あや Aya Kobayashi   横浜生まれ。幼少で内股を治すためにバレエを始める。昭和音楽芸術学院バレ エ科卒業後2003年に渡英、ランバートスクールで学ぶ。パフォーマーとして イギリスを拠点に Yael Flexer、Charlie Morrissey、Rosemary Lee、Gecko Theatre、Lila Dance等様々なアーティスト、カンパニーと活動する。2009 年より知的障害のあるダンサーのみで形成されるAnjali Dance Company の常任 アーティストとなり常にダンサーのトレーニングと振付けを担い、 障害者の持 つ表現体や独創性をどのように高いレベルのアートとして形作っていくか可能性  を追求してきた。奨学金生としてチチェスター大学で大学院を修了し、振付けや 即興の研究を続けるなか カンパニー、大学、コミュニティーなど活動範囲を広げ る。 近年では観客参加型作品をTate近代美術館にて発表、頻繁にファミリーワーク ショップをリードしながら他のアートフォームとダンスを調和させることに興味 をもっている。2015年と2016年、JCDN主催の三陸国際芸術祭にて被災地 の岩手県大船渡に5週間滞在し地元の方々との交流を深めながらコミュニティー ダンス作品を発表した。

小林あや Aya Kobayashi

横浜生まれ。幼少で内股を治すためにバレエを始める。昭和音楽芸術学院バレ エ科卒業後2003年に渡英、ランバートスクールで学ぶ。パフォーマーとして イギリスを拠点に Yael Flexer、Charlie Morrissey、Rosemary Lee、Gecko Theatre、Lila Dance等様々なアーティスト、カンパニーと活動する。2009 年より知的障害のあるダンサーのみで形成されるAnjali Dance Company の常任 アーティストとなり常にダンサーのトレーニングと振付けを担い、 障害者の持 つ表現体や独創性をどのように高いレベルのアートとして形作っていくか可能性

を追求してきた。奨学金生としてチチェスター大学で大学院を修了し、振付けや 即興の研究を続けるなか カンパニー、大学、コミュニティーなど活動範囲を広げ る。 近年では観客参加型作品をTate近代美術館にて発表、頻繁にファミリーワーク ショップをリードしながら他のアートフォームとダンスを調和させることに興味 をもっている。2015年と2016年、JCDN主催の三陸国際芸術祭にて被災地 の岩手県大船渡に5週間滞在し地元の方々との交流を深めながらコミュニティー ダンス作品を発表した。

【日時】8/18 Sat. - 8/19 Sun. 14:30-17:30(14:00 受付開始)

【場所】JR川崎駅より徒歩15分 (詳しい場所はお申し込みの際にお伝えいたします)

【料金】ワークショップ 1回 学生¥2,000 一般¥4,000

ご予約はこちらから!(お申し込み後、こちらからの返信をもちまして受付完了とさせていただきます。)

お名前(ふりがな) *
お名前(ふりがな)
参加ご希望日 *

過去のBS International Workshopの様子はこちらから↓↓↓↓

Body Synergy International Workshop Vol.2 Day3

 最終日は「Three Brains - 3つの脳」というテーマでした。3つの脳とは何のことはというと、まずは頭の中の脳、そして心臓、消化器です。BMCでは、人間は頭の中の脳だけではなく、この3つの脳を使って日常の中の様々な決断をしていると言われています。例えば、何かを食べるときに「これは危険か危険ではないか」という判断は消化器がします。危険であったらできるだけ早く身体の外に出す。そうやって生命の危機を回避します。また、直感のようなもの。英語ではgut feelingという表現をします。つまり頭で考える前に、gut (内臓)で感じることを指しています。

まずは、身体を動かしながらそれぞれの脳にアクセスしていきます。

temporary (4).jpg
temporary (19).jpg
temporary (42).jpg

頭の中の脳の重さ、頭を傾けたときの動き、感覚などを動きながら言葉にしていきます。そして、心臓も消化器も同様に、それぞれのイメージで音楽も変えながら。

またペアーを組んで、パートナーの脳をゆっくり動かしたり、心臓を感じたりもしました。不思議なことに、この作業をして心臓に全員の意識が向くと、クラス全体の雰囲気が温かくなって、参加者の皆さんも柔らかい雰囲気でお互い会話も自然と増えていきました。デイビッド先生曰く、これは自然なことで、BMCのクラスを教えるにあたって、この空気の変化は、そのクラスの進行状況の良し悪しをはかる目安になるそうです。多くの参加者の方も、心臓が温かくなるのを感じたなどの感想も出ました。

temporary (8).jpg
temporary (6).jpg
temporary (28).jpg

 

そのあと、それぞれ楽な姿勢で目を閉じ3つの脳にアクセスしながら、デイビッド先生のリードで身体にいくつかの質問をしていきます。例えば、"How are you today?" (今日は元気?)などから始まり、"How was your day?(今日はどんな日だった?)、"How was your week?"(今週はどんな週だった?)、"How was your month?"(どんな月だった?)、"How was your year?"(どんな一年だった?)など。言葉で答えるわけではなく、身体に問いかけ、身体の返答に耳を傾けます。その質問を投げかけられたとき、不思議なことに、ちゃんと3つの脳が一つずつ反応を示しました。お腹がほわっと暖かくなったり、心臓がドキッとしたり、頭の中で記憶が急に蘇ってきたり。

temporary (43).jpg

3つの脳を使い分けている意識はないのですが、身体はちゃんと使い分け、その記憶までも身体の感覚として残しているのには驚きました。

3つの脳という概念は、私も含め、新しいコンセプトだった参加者の方が多かったようです。同時に、心臓を臓器ではなく「心」と捉えたり、消化器を「直感」として捉えることは、新しいようで、実は子どもの頃から身体で分かっていたような気もします。

この3つの脳を意識して、シンプルで原始的な問題は心臓や消化器に任せて生活することができれば、頭の脳にスペースが出き、重要で複雑な決断をすることに使える余裕が生まれる、とデイビッド先生がおっしゃっていました。

temporary (47).jpg
temporary (49).jpg

後半はコンタクトインプロのクラスでした。前回のクラスで上がった、参加者の方からの質問なども踏まえ、安全にコンタクトを行うための練習をたっぷりしました。転がり方や、パートナーと実際カウンターバランス(引っ張りあってバランスをとる)をとったり、寄っ掛かりあってバランスをとるなどの、ウェイトシェアリングのテクニックを習いました。

temporary (53).jpg
temporary (62).jpg
temporary (59).jpg
temporary (89).jpg
temporary (100).jpg

3日間で、5つのクラス、延100名の方々にご参加いただきました‼︎様々なバックグラウンドの方々がそれぞれの身体への興味から集まったグループでしたが、特別な一体感で繊細なワークをしたり、個人的な体験や感じたことをオープンにシェアしあったり、とてもよい雰囲気で行うことができました。デイビッド先生は私たちがとても尊敬しインスピレーションを受けている先生なので、皆さまにぜひであってほしかったのと同時に、私たちも勉強させてほしかったというのもあり、今回のワークショップは私たちの理想が叶った特別なものとなりました。すばらしいワークショップをしてくださったデイビッド先生はもちろん、お忙しい中足を運んでくださった参加者の皆さまに感謝します。

 

9月17日13時から、通常のBody Synergyのワークショップを開講します。今回は、イギリスから松本武士さんが一時帰国して、ファシリテートしてくれます!詳しい内容はまたお知らせいたします!

Body Synergy International Workshop Vol.2 Day2

2日目のテーマは、Diaphragms - 横隔膜だけでなく、骨盤底筋や声帯なども含め。

1日目と同様、まず楽な姿勢で座り自分の身体にチューンインするところから始まります。身体の感覚を通して解剖学を学んでいくプロセスが、BMCの、そしてDavid先生のクラスの魅力です。

temporary (5).jpg

 

Diaphragmsは筋肉組織ですので、まず、筋肉を意識しながら即興で動きました。パートナーと引っ張りあったり押しあったり、身体の中心に引っ張り込むようなイメージで、少し筋力を伴うような動きです。そして、そのあと逆に、身体の中心から外に流れるような、リーチするような動きで、筋肉の弛緩やストレッチを感じます。二つの違ったクオリティの動きでの、呼吸の変化も感じながら。

temporary (17).jpg
temporary (36).jpg

 

それから、少し写真や絵を見ながら、解剖学の勉強もしました。様々な角度から、横隔膜や骨盤底筋の図を見て、どのような形をしているのか、どこの骨に繋がっているのか、動きの特徴や構造を学びました。

temporary (47).jpg

 

そして、実践です。目で見た情報を自分の身体に落としていく作業です。横隔膜の上下を意識しながら呼吸をしていく。様々な体勢で呼吸をしてみて、横隔膜の動きの感じ方がどのように変化するかなどを、それぞれのペースで確かめていきます。骨盤底筋を4分割してとらえ、様々な方向に動かしてみます。また、横隔膜と骨盤底筋の連携、呼吸との関係を探りました。

temporary (64).jpg

 

横隔膜や骨盤底筋の動きを意識しながら呼吸をして動いてみると、不思議なことにもともと持っていた呼吸と動きの関係性のイメージが、実際の膜の動きとは異なっていたりして、それがまた毎日やっている呼吸に新たな深みを与えてくれます。

temporary (68).jpg

BS International Workshop Vol.1 2016.8.2

Day3

「ダンサーのためのソマティックワークショップ」

本日3日目。またたくさんの方々にさんかしていただき、ありがとうございました。

 

今日は、動きのもつelasticity(伸縮性)を探求していきました。イメージとして、 チューインガムを噛む感覚を身体全体でやってみました。

BS International Workshop Vol.1 2016.8.1

Day2

「ダンサーのためのソマティックワークショップ」

昨日に引き続き、Thomas Goodwinさんによるソマティックワークショップ。今日はダンサーのためのワークショップということで、動きのヒントになる様々なワークを行いました。
太極拳からインスパイアされたエクササイズで、円、空間の中の円、体内の円、サイクル、循環、時間の中の循環、浮かぶ、沈む、関節を開く、閉じる、バウンド、止まる、などのキーワードを使い様々な動きの可能性を探求していきました。

BS International Workshop Vol.1 2016.7.31

Day 1

イギリスからThomas Goodwinさんをゲストティーチャーとしてお招きし、1日目無事終了しました。様々なバックグラウンドの方々が集まり、互いのスペースを尊重しながら他者を繋がること、そして人間同士のみならず、他の生物・環境とのつながりを感じながら生きていくことを、身体・ムーヴメントを通して探求していきました。
日常生活の中で特に東京という環境の中で、人間中心主義的な考えから離れ、地球上に存在する他の生き物や環境とつながりを意識しながら生きていく。なかなか簡単なことではないけれども、そこにおおきな喜びと可能性を感じる大切な時間でした。

8/1,2,3 (18:00-21:00) は引き続きThomasさんによる、「ダンサーのためのソマティックワークショップ」です。日本ではまだ新しいソマティックワーク。新しい視点からダンス・身体と向き合えるクラスです。

おかげさまでたくさんの方々にご予約いただいていますが、まだ少し空きがあります。興味のある方は、fbにメッセージをいただくか、直接メールでご連絡ください。bodysynergy.ws@gmail.com