横浜

BSK 横浜 2017. 6.4

今回は少人数でしたが、笑顔いっぱいのクラスとなりました!

横浜のクラスで私がとても気に入っているのは、保護者の方々の参加度の高さです‼︎「音楽が止まったら好きなポーズ」のエクササイズの時など、お母さんたちが率先してとても工夫されたポーズを取ってくれるので、子どもたちもそれに刺激され、見たこともないクリエイティブな形が飛び出します!
子どもたちは、私どものようなたまに来る大人よりも、ご両親や保育園・幼稚園の担任の先生など、普段身近にいる大人たちが、自分たちと一緒になって身体をいっぱいに使って動いてくれると、本当にキラキラします。普段の生活の中では、保護者、見守る立場、そしてたまにはしつけをする立場の大人に、「遊んでもらう」のも十分に嬉しいことでしょうが、それよりも「一緒に遊ぶ」というところに、子どもたちは大きな喜びを感じているようです。
BSKでは、この「一緒に」というところを大切にしています。先生が子どもたちにクラスをしているところに保護者もいる、という関係性ではなく、「親子が向き合って一緒に遊ぶ時間」です。大人が自分たちと同じように、汗をかきながら楽しそうに動いたり、普段とは違う身体の使い方で工夫したり、そんな姿を子どもたちにも見て欲しいのです。
ですので、BSKに参加される保護者の皆様、これからどんどん暑くなる中たいへん恐縮なのですが、、、子どもたちを引っ張っていくようなつもりで一緒にたくさん動きましょう!たくさん工夫して、クリエイティブに身体を思い切り使いましょう!そうすれば、子どもたちはきっと最高な親子の時間が過ごせると思います。

BSK 横浜 2017.4.2

あっという間に4月ですね! 

やっとだんだん暖かくなり始めて、桜も見頃の場所が増えてきました。 

 

Umiのいえにて、Body Synergy Kids横浜のクラスをやってまいりました!新しいお友達や、久しぶりのお友達も一緒に、賑やかなクラスになりました。今回は、「おおきくなるっていうことは」という絵本の読み聞かせもしてみました。1歳半から4月から小学生という6歳のお姉ちゃんまでいたのですが、それぞれ反応の違いが面白かったです。「おおきくなるっていうことは 新しい歯がはえてくるってこと」というところでは、今まさに子どもの歯がグラグラで大人の歯が生え始めている子が「それ知ってる知ってる」という顔をし、その感覚をまだ知らない2歳の子が憧れの眼差しを送っていました。

「おおきくなるっていうことは じぶんより ちいさなひとが おおきくなるってこと」

今までは自分が一番小さかったのに、いつの間にか自分より小さな子たちがクラスに参加し始め、今までは面倒をみてもらっていたのに 、今は面倒をみてあげていたり。横浜のクラスを始めて1年ちょっと経ちますが、みんなのそんな成長を間近でみられるのはとても幸せです。4月に入って、それぞれ入園、入学、進級などなど、新しいチャレンジが待っている月ですが、いつものように、笑顔で、そして勇敢に挑んでいきましょうね!

 次回は、5月7日です!ゴールデンウィークの最終日、お父さん方の参加もお待ちしていますよー!