Body Synergy Researchers Groupは、2011年11月より活動を継続しています。毎月、さまざまなテーマを設定し、個人として、集団として、この社会でどう生きていったらいいのかを、「身体」をキーワードに考えます。頭で考えるだけでなく、実際に身体を動かしながら、身体感覚を通して人間関係を見直し、発展させる方法を探求しています。

この研究チームには、身体に興味のある方ならどなたでも参加できます。現在、教師、医師、会社員、ダンサー、学生など幅広いバックグラウンドのメンバーが継続的に参加しており、それぞれのメンバーがそれぞれの知識や経験を持ちより、お互いから学び合うスタイルで、Body Synergyのプログラムの内容を研究しています。参加者が共に学び合う「共育的」な時間です。

ここでできあがったプログラムは、メンバーそれぞれの生活の中で、そして、企業向けのチームビルディングや、幼児から大学生を対象とした教育的なカリキュラムなどにおいて実践されています。

Body Synergy Summer Retreat ‘18


2019年 活動スケジュール

《日付》 1/20, 2/17, 3/17, 4/21, 5/19, 6/16, 7/20&21 (BS Summer Retreat ‘19 in 長野), 8/3&4 (BS International Workshop Vol.4).

《時間》 13時から16時

《場所》 川崎駅より徒歩15分ほどの場所で行っております。詳しくはお問い合わせください。


企業向け・中高生向けワークショップ

Body Synergy は身体を使った様々な活動を用い、企業向けのチームビルディングを目的としたワークショップや、

中高生向けのワークショップも行っています。

企業・スポーツチームのための

Body Synergy

企業やスポーツチームのチームビルディングとして、Body Synergyと取り入れてみませんか?

Body Synergyのプログラムは、身体をキーワードに様々な角度から「人」「人間関係」「社会」を考えます。その中でも重要なのは、「個」と「集団」の関係性です。個が主体性を持ち集団の中に存在する責任を果たしつつ、尊重・共感し合い、集団として一丸となってゴールに向かって動いていく。そんな人間関係を理想とし、それを現実のものとするための様々なプログラムが用意されています。上司・部下の関係をスイッチオフして、人と人、同じゴールを目指すチームメートとしての関係を深めてみましょう。絆を深めるための身体を使ったゲームのようなエクササイズから、自分と向き合い、相手と向き合い、最終的に「このチームならどんな困難も共に乗り越えられる」という強い信頼関係を結ぶことを目的とした、チームビルディングプログラムです。

中高生のための 

Body Synergy

子どもから大人へと向かって日々変化し続ける自分に戸惑い、人間関係に苦労する中高生は少なくありません。

Body Synergyのプログラムは、自分と向き合い、認めることにより「今の自分」を受け入れるプロセスをサポートします。

例えば、普段意識せずにしている呼吸に目を向け、静かに観察する。そこで「今の自分」の状態を認識し、ありのままの自分を受け入れる。また、他者に自分の全体重を支えてもらったり、他者の身体を支えたりなどのシンプルな課題を通して、相手を信頼しきって身を委ねることや、責任を持って相手を支えることを、身体的経験を通じて体感します。身体で体感した経験をディスカッションを通して言語化し、共有・共感することにより、安心できる環境を創ります。


参加者の声